高圧的でルールを守らない妊婦に看護師全員が辟易

いろんな妊婦さんがいるものだけれど

現在は子育て中で休職していますが、主に産婦人科で看護師・助産師として勤務してきました。総合病院の産婦人科と、個人クリニックの産婦人科、両方で勤務経験があります。総合病院の産婦人科で勤務していたとき、本当に対応に困ってしまった妊婦さんに遭遇しました。

最初から問題ありとされていた患者さん

妊娠39週で、個人クリニックから高血圧を理由に紹介された患者さんだったのですが、もともと個人クリニックでスタッフに対して横暴な態度がひどく、クリニック側も困り果てていたといういわくつき?の患者でした。実際、私が勤務していた総合病院に入院後も、スタッフに対する暴言、ナースコールで気に入らないスタッフ(主にその日の受け持ち看護師)を名指しで呼び出し文句を言い続けるなど、スタッフへの態度もひどかったのですが、夜中に病棟の洗面所で洗髪していたりして、ルールを守らずに他の患者からのクレームも多くありました。

あまりにもひどく業務に支障をきたすと上司も判断

入院中のルールとして、洗髪室の使用は朝6時から夜9時までとなっていましたが、夜中の1時過ぎに使用していたり、ドライヤーを使ったりしていました。それを注意したスタッフを、深夜だろうが明け方だろうが関係なくナースコールで呼びつけて、文句を言い続けるということがありました。標的になったスタッフは仕事が全く進まず、他のスタッフが対応しても暴言を吐くという状況でした。
あまりにも看護師に対する態度がひどいので、上司に相談しました。診療部長と看護長もこれ以上入院されては病棟業務に支障をきたすと判断し、夫を呼んで話し合うことを患者側に提案しました。

夫にはいい顔をしたいからと話し合いを拒否

しかし、患者に夫を呼んで話し合いをしたい旨を伝えると、激しく拒否しました。理由は、夫の前ではそのような態度を取っていないので、病院での様子を知られたくないという本当に自分勝手なことでした。
それでも、こちらとしてはちゃんと家族に理由を話して退院してほしいことを伝え、しぶしぶ話し合いの場を持つことを了承しました。夫には入院中の様子について、カルテを見せながら説明しました。驚いた様子でしたが、患者の対応に対して謝罪をされました。

手に余る患者については記録をとり上司に相談を

患者に対しては、その対応や行動に対して我慢することが多くあると思います。ですが業務に支障をきたす程の行動をする患者に対しては、上司だけでなく医師にも相談し、毅然といた対応を取ることも大切だと思います。そのためにもカルテなどにそのときの状況を詳しく書いておくことが重要だと思います。